0次元エネルギー収支モデルの表計算ワークシート例

【[訂正(2019-02-12)] 2019年1月26日に出したこのページの、ワークシート例のセル H4 の計算式がまちがっていました。 いまは修正してありますが、「* $B$8」がぬけており、セル B8 に置いた、RやPythonの例文での変数名 coef、モデルの説明での変数名 k をかけるのがぬけていたのでした。 出題の失敗で、申しわけありません。 採点中、このことに気づいて指摘してくださった受講生のレポートを見て気づきました。ありがとうございます。 ほかの受講生のレポートに、ワークシート例を使って「k は結果に影響しない」としたものがあり、出題側の失敗なので減点はしませんでしたが、モデルをただしくワークシート表現したばあいは k の数値のちがいによって結果が変わることを知ってください。】

シミュレーション計算を表計算ソフトウェアでやることについて

対象の状態をあらわす数量が時間とともに変わっていくのを追いかけるようなシミュレーションには、 プログラム言語でプログラムを書いたほうがよいと思うが、表計算ソフトウェアでも可能ではある。

ここでは、表計算ソフトウェアのワークシートに計算式を書きこむ方法による例を紹介する。 ただし、このやりかたには、いくつも難点がある。 みなさんには、複雑なワークシートをつくるよりも、プログラム言語を使えるようになることを勧めたい。

ワークシート例

ABCDEFGH
1"ebex" 2019-01-26 MASUDA Kooiti
2ktimeconctempxtemp
3denswater1.0e31=$B$15 + (D3 - 1) * $B$17(数値)=$B$13 + $B$10*LOG(F3/$B$11)/LOG(2)=$B$13
4sphcwater4.2e3=D3+1(数値)=H3 + $B$17 * $B$8 * (G3 - H3) / $B$6【2019-02-12 訂正】
5depthlayer500(数値)
6hcaplayer=$B$3 * $B$4 * $B$5
7
8coef1.5
9
10tempdouble3.0
11concpreind280
12
13tempinit0
14yearsec=365.25 * 86400
15yearinit1850
16deltatyear10
17deltat=$B$16 * $B$14
...
2826(数値)

2019-01-26; 更新 2019-02-12
増田 耕一 (MASUDA Kooiti)
[R言語の例文へ] [日程・各回の教材へ] [2018年度教材目次へ]