2018年度 第1回小レポート出題

準備中です。出題までに変更するかもしれません。

2017年度の第1回レポート問題と基本的に同じです。

問題

問1

地球大気の総質量を、下の表の「大気質量」とは独立に求め、結果を表の値と照合してみる。 (近似のしかたが違うので、計算結果は厳密には一致しないが、だいたい合うはず。) 根拠となる数量は、地球の重力加速度 g = 9.8 m/s2、 地表面気圧の代表値 ps = 1000 hPa とする。 表の「大気質量」以外の数値は使ってよいが、使ったことがわかるように書くこと。

問2

金星・地球・火星について、下の表のような情報がわかっている。 それと問1の情報を組み合わせて、 金星、火星それぞれの平均の表面気圧(地球の地表面気圧に相当するもの)を求める。

問3

次に述べる情報を問1の情報と組み合わせて、地球の海の総質量を求める。 金星・火星には海はない。 3惑星の大気・水圏をあわせて(流体圏として)質量を比較してみてほしい。

表: 惑星に関する量の情報

金星地球火星(注)
半径 [106m]6.056.383.40(天2) 赤道半径の値。有効数字3けたとした
質量 [地球を1とする]0.8151.0000.107(天3) 有効数字3けたとした
大気質量 [kg]4.8×10205.1×10182.5×1016(天11)

出典: 国立天文台, 2017: 『理科年表 平成30年/2018』。丸善出版。

答える際の注意

補足

期限

11月8日まで。

形式、提出方法

レポート出題にあたっての(この授業独特かもしれない)方針

大学生のみなさんには、レポート類の書きかたを(も)身につけてほしいが、 わたしには(残念ながら)その面での指導はできない。 わたしの課題の評価としては、レポートとしての形式が整っているかどうかは問わず、 読んで内容が理解できるかどうかを重視する。

レポートは、回答者の覚え書きではなく、出題者だけに向けた返事でもなく、 第三者が内容を理解できることを目標に表現を考えてほしい。 ただし(わたしの出題では)、その第三者は問題文も読むと仮定してよい。 問題文の内容を全部くりかえす必要はなく、 レポートのどの部分が問題文のどの部分への答えか、対応がつくようにすればよい。

(次の点は、2014年度からの小レポートでとっている方針ですが、期末レポートは違います。 次回以後の小レポートでも同様にするかどうかは未定です。)

試みに、学生のみなさんどうしで相談して答えることを奨励することにします。 ただし、レポートは各人ごとに出してください。 また、レポートに、たとえば「今年度の環境気候学を履修している学生2人と相談した」 のようなことわりがきを入れてください。 今回は、相談したあいての個人を特定できるような情報 (氏名、学生番号など)は書かないでください。

背景説明: [ブログ記事「授業レポートや論文での他人の著作の盗用・いわゆる「コピペ」について」]


2018-10-25 (授業前)
増田 耕一 (MASUDA Kooiti, 農学部 非常勤講師)
[今年度日程] [今年度教材目次ページ] [この授業の目次ページへ]