科目名について

東京農工大学でわたしが担当する科目の名まえは、 2017年度から、「環境気候学」となった。 依頼の趣旨は、「気候に関する基礎知識。地球温暖化についての科学的理解を含む。」 というようなものだった。 わたしは、その趣旨、この科目名でよいと了解して引き受けた。

2006年度から2011年度まで半分、2012年度から2015年度まで全部を担当した 科目の名まえは「環境気象学」だった。 依頼の趣旨は、そのときからほとんど変わっていない。 当初から期待されていたのは「気候」だったが、 始まったいきさつが「農業気象学」の関連科目であり、 2011年度までのわたしの担当以外の部分の内容も農業気象関連だったことなどの事情で、 「気象」ということばが含まれていたらしい。

わたしが自分で科目名をつけるとすれば、 「気候システム論」としたいと考えている。 気候システムとはどんなものかの説明は、講義自体で何回もかけてするが、 ここでは、大気・海洋・雪氷・陸面などをあわせたものであり、 これらの部分の間でエネルギーや(3相にわたる)水のやりとりがあることに注目した概念である、 としておきたい。

なお、シラバス提出の際に、英語の科目名は Climate System as a Part of Environmentとしておいた。 (これがシラバスに採用されたかどうかは確認していない。) 正式の日本語科目名にある「環境」というキーワードも入れておくべきだと思ったからだが、 それならば、 「気候システムは(人間にとっての)自然環境の部分である」という認識を含めるべきだと思ったのだ。 第1回の授業でも話したように、 自然環境はもともと人間活動に対する制約条件になっているが、 人間活動が自然環境を変えると、制約条件も変わって、人間社会は対処が必要になる。 これが地球環境問題なのだと思う。 ここでいう「自然環境」のうちで気候はひとつの重要な部分なのだ。

もっとも、実際には、わたしが教えられることは、 気候システムのうちで大気の部分に関することに偏ってしまう。 その部分は、学会のある学問の名まえで言えば気象学にだいたい対応する。 だから、おおざっぱに言えば、 わたしは今年度も「気象学の授業」をしているとも言えると思う。 ただし、気象学の授業といえば、 毎日の天気の変化、それを起こす現象(低気圧や台風)、天気予報のしくみ、 などに重点をおくのがふつうだ。 わたしの授業はそのあたりに重点をおかない。 そのあたりを勉強したい人には、いくつかの典型的な気象学の本を紹介する。


気候

「気候」ということばには統一された定義はない。 わたしは科学史の論文(増田, 2016)の序論で次のように述べた。

わたしは、気候の概念には、次のような発達の過程からくる3層が重なっていると考えている。

第1に、気候は、人間をとりまく環境(「風土」ともいう)のうち、寒暖・乾湿・風などの地表に近い大気に関する要素群をさしていた。

第2に、近代科学の初めから大気の状態は気温・気圧・風速などの物理変数で測定・表現されてきたので、気象に関する物理変数の(季節を区別した)1年より長い期間の統計に現われるものごとを気候というようになった。代表的な数量として、気温・降水量などの「平年値」があるが、これは(たとえば1981年から2010年までの)30年累年平均値である。

第3に、第2の意味の気候の変化の原因を数理物理的に考える過程で、大気・海洋・雪氷などの部分からなり部分が相互作用しながら変化しうる「気候システム」という概念が成立した。「気候」はこの気候システムの状態をさすというとらえかたもできる。

文献


気象学と気候学

気象についても気候についても、近代科学の初期から、機器による物理変数の観測値を使った議論がおこなわれてきた。そして気候はおもに気象変数の統計値で表現されてきた。気象学と気候学のあいだには、もともと明確な区別はなかったと思う。

しかし、(世界のどの国でもそうだったか確認していないのだが、少なくとも日本では) 1930年代ごろから、 気象学は(1930年代当時に物理学から独立しつつあった)地球物理学の分科、 気候学地理学のうちの自然地理学の分科、として認識されており、 それは今も続いていると思う。 (ただし研究者や大学教員の地位を得て気候学を専攻する人の人数は、(気象学も少ないのだがそれよりも)少ないので、地理の気候学の存在を知らない人も多い。)

ここから、これに関するわたし個人の事情について述べる。 わたしが大学院で受けた教育は地球物理の気象学のものである。 わたしが扱ってきた対象はどちらかといえば気象というよりも気候だったのだが、 地理の気候学の教育を受けた人への遠慮(や、そのほかの所属組織の事情)もあって、 わたしは自分の専門を「気候学」というのを、ながらくためらってきた。 ごく最近になって、「気候学とは、気候に関する学問」であって、 その「気候」の意味は上の「気候」の節に引用した文で述べた3つのどれでもよい、と主張することにした。 そうすれば、わたしの授業の内容である気候システム論も、 上に述べた「3」の意味での「気候」に関する学問なので、これは「気候学の授業」だと言えるのだ。 今年度の授業の科目名を了解するのには、このような考えの整理が必要だった。

(「気候学」の内容について、もう少し詳しく、 [2017-10-01のブログ記事]に書いた。 ただし、たまたまわたしが出会った内容に偏った記述である。)


2017-10-12
増田 耕一 (MASUDA Kooiti, 2007-2017年度 東京農工大学 農学部 非常勤講師)
[2017年度の教材目次へ] [日程、各回の教材へ] [気候システム論教材目次ページへ]