2017年度 第2回小レポート出題

準備中です。出題までに変更するかもしれません。

2015年度の第2回レポート問題と基本的に同じですが、改訂してあります。

問1

次の表に示す4つの惑星について、0次元・定常で考えて、 有効放射温度 (惑星が出す熱放射の代表温度)を求めよ。 ただし、惑星アルベド (惑星に達した太陽放射のうち反射される割合)については 下の表のデータに従う。

問2

仮に、各惑星の惑星アルベドの値が地球と同じとした場合は、 有効放射温度はそれぞれどうなるか。

問3

温室効果の強さを、仮に、 地表面温度が有効放射温度(問1の答え)のなん倍かであらわすとする。 (ここでの温度はいずれも絶対温度とする。) 金星、地球、火星の温室効果の強さはそれぞれいくらか。 (「温室効果の強さ」という表現の正確な意味は決まっていない。 ここでの定式化はこの課題限りのものであり、文献にあるものと違うことがある。)

水星金星地球火星
太陽からの距離 (相対値)0.38710.72331.00001.5237
惑星アルベド0.060.780.300.16
地表面温度 [K]440737288210
表の情報の出典

Stefan-Boltzmann定数は、5.67×10-8 W m-2 K-4。 (出典: 『理科年表』2017年版「物12,13」ページ「基礎物理定数」。ただし有効数字を3桁として示した。)

いわゆる「太陽定数」は、ここでは1.36×103 W m-2を代表値とする。 (『理科年表』2017年版「天21」ページ「太陽の諸定数」によれば 1.37×103 W m-2だが、衛星観測プロジェクトSORCE http://lasp.colorado.edu/home/sorce/ の成果を重視した。)

答えにあたる数値は、文献にすでに書いてあるものもあるが、このレポートでは数値を導く理屈の記述を期待する。

期限

11月30日まで。

形式、提出方法

レポート出題にあたっての(この授業独特かもしれない)方針

今回も、第1回小レポートの場合と同じ。


2017-11-06, 2017-11-15
増田 耕一 (MASUDA Kooiti, 農学部 非常勤講師)
[2017年度日程] [2017年度教材目次ページ] [この授業の目次ページへ]