2014年度 環境気象学 (増田) 教材

前期水曜1限、第2講義棟 視聴覚教室、4月9日開始、15回。

シラバス

生物生産に関心のあるかたむけの補足: 地球上(少なくとも陸上)の植物による光合成生産量は、 気候条件(エネルギー要因と水分要因)とに制約されています。 授業ではこの件にも少しふれます。

日程、各回の教材へのリンク

「気候システム論」教材入り口ページ

採点を終えて

8月20日、採点を終えて成績を提出しました。 出題に失敗した部分があり、申しわけありませんでした。

レポート課題

教科書・参考書

公開講演会などのお知らせ

教材ホームページ

http://macroscope.world.coocan.jp/ja/edu/clim_sys/2014/index.html

(2010年度まで授業用に使用したhttp://www.tuat.ac.jp/~masudako/は使いません。)

講師連絡先

[電子メールアドレス]

講師のふだんの勤務先

海洋研究開発機構 (JAMSTEC) 横浜研究所 (http://jamstec.go.jp) 場所は横浜市金沢区、もより駅はJR根岸線の新杉田です。


更新 2014-08-20
増田 耕一 (MASUDA Kooiti, 2007-2014年度 東京農工大学 農学部 非常勤講師)
[気候システム論教材目次ページへ]