2012年度 環境気象学 (増田担当分) 教材

前期木曜1限、4月12日開始、15回。1号館11教室。

シラバス

2011年度までは科目の半分を担当しましたが、 2012年度は1科目全部を担当しました。 前年度までの授業でとりあげなかった題材もいくらかとりあげます。

生物生産に関心のあるかたむけの補足: 地球上(少なくとも陸上)の植物による光合成生産量は、 気候条件(エネルギー要因と水分要因)とに制約されています。 授業ではこの件にもふれる予定でしたが、ひとことしか言えなくて、すみませんでした。

8月20日、採点を終えました。

日程、各回の教材へのリンク

「気候システム論」教材入り口ページ

教科書・参考書

公開講演会などのお知らせ

教材ホームページ

http://macroscope.world.coocan.jp/ja/edu/clim_sys/2012/index.html

(2010年度まで授業用に使用したhttp://www.tuat.ac.jp/~masudako/は使いません。)

レポート

講師連絡先

[電子メールアドレス]

講師のふだんの勤務先

科学技術振興機構(JST) 研究開発戦略センター (CRDS) (http://crds.jst.go.jp) 場所は東京都千代田区、もより駅はJR中央線の市ヶ谷です。


更新 2012-08-27
増田 耕一 (MASUDA Kooiti, 2007-2012年度 東京農工大学 農学部 非常勤講師)
[気候システム論教材目次ページへ]