大気物理学: シラバス

授業の目的

この授業では、大気が従う基本的な物理法則について、 また、大気の運動や気候の変化に関与するおもな物理過程について学ぶ。 これは、毎日の天気予報や気象災害・気候変化に関する理解の基礎となる。

授業概要

履修目標・到達目標

大気の基本的構造を物理法則に基づいて理解する。温帯の天気変化の基本的な しくみを天気図の見かたと関連づけて理解する。気象庁で行なわれている 天気予報や研究機関で行なわれているいわゆる温暖化予測実験が どのような考えに基づいたものかを理解する。 気象に関する物理量を実際に計算してみる経験をもつ。

授業方法

教科書も利用するが、その他の教材をウェブページの形で用意する。 授業前に準備できた場合は授業時に参照してほしい。 授業後に整理することになった場合は復習として参照してほしい。 映像教材は自習として見てほしい(方法は追って決める)。 学期中3回程度の小レポートと期末レポートを出題する。 いずれも数量の計算または作図を含むものとする予定。

成績評価の基準

小レポート3回各20%、期末レポート40%。 小レポートは課題に取り組む努力を評価し結果の正しさは重視しないが、 期末レポートのうち正解のある部分の評価では結果の正しさも見る。

教科書

書名著者名出版社出版年ISBN
1一般気象学小倉義光東京大学出版会19999784130627061[読書ノート]

教科書補足

「参照ホームページ」に用意する。

参考書

書名著者名出版社出版年ISBN
1地学は何ができるか日本地質学会愛智出版20099784872564143[紹介ページ]
2地球温暖化の予測は「正しい」か?江守正多化学同人20089784759813203[読書ノート]
3気候変動がわかる気象学住 明正NTT出版20089784757160248[読書ノート]
4グローバル気象学廣田 勇東京大学出版会19929784130647014
5大気と放射過程会田 勝東京堂出版19829784490200638
6新教養の気象学日本気象学会朝倉書店19989784254161137[読書ノート]
7基礎気象学浅井冨雄,新田尚,松野太郎朝倉書店20009784254161144[読書ノート]
8図解気象の基礎知識二宮洸三オーム社20029784274024733
9気象がわかる数式入門二宮洸三オーム社20069784274202711[読書ノート]
10大気放射学の基礎浅野正二朝倉書店20109784254161229[読書ノート]

(10番はシラバス提出後に追加)

履修条件および関連科目

特定の科目の履修を前提とはしないが、高校理科系程度の数学、物理、 化学の知識を前提とすることがある。計算機利用は、必須とするのは ウェブページを読むことだけだが、数量の計算やグラフ作図などもできるように なっていることが望ましい。

キーワード

気象, 湿潤大気, 温室効果, 大気大循環, 温帯低気圧

参照ホームページ

http://macroscope.world.coocan.jp/ja/edu/atm_phys/ (春のシラバス提出後に修正した。さらに変更があるかもしれない。)

教員からの一言

地球環境の理解には、観測事実を見ること、理屈で考えること、 両方とも必要です。

連絡先

236-0001 横浜市 金沢区 昭和町 3173-25
海洋研究開発機構 地球環境変動領域

連絡先(メールアドレス)

macroscope-masuda at nifty.com
2010-08-07, 更新(最新) 2010-10-16
増田 耕一 (MASUDA Kooiti)
増田のmacroscopeサイトでの[教材目録ページ] [日本語入り口ページ] [ホームページへ]